リードタイムが長い鉄鋼業と製薬会社

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>SCM超ルール

SCM超ルール

在庫と時間 サプライチェーンの法則1・2・3

リードタイムが長い鉄鋼業と製薬会社

鉄鋼業も製造業も素材から製品までの付加価値が大きく在庫水準の高い業界である。資材・仕掛・製品の棚卸在庫が90日(3ヶ月)から180日(6ヶ月)と長いのはストック型の経営である。設備や人の経営資源が大きく高固定費負担の収益構造をもつ経営で需要不足になると急激に収益が圧迫される。

マージンが高くても生産販売されるサプライチェーンを流れる流速が遅ければ企業が利益を生む速度は遅くなる。単価1000円、原価400円で600円のマージンの製品Aと、単価は同じ1000円、原価700円で半分のマージン300円の製品Bがある。サプライチェーンを駆け抜けるスピードが製品Aは1日30個、製品Bは1日90個であると製品Aは製品Bに比べて速度は3分の1でしかない。サプライチェーンが利益を生む速度は製品Aが600円X30個/日=18,000円/日、製品Bが300円X90個/日=27,000円/日となって時間当りの利益スピードは製品Bが1.5倍となる。鉄鋼会社や製薬会社の収益性の差は回転の速い製品を持っているかどうかの差でもある。この2つの業界の特徴で収益を落している会社は20世紀後半の工業化時代の研究開発型企業、製品ブランド戦略企業に共通している。伝統に裏付けられた高いブランドにたよって大量の見込み生産で成長して来た企業はサプライチェーンの在庫に焦点を当てたスピード経営が必要である。

photo