17. 慣性の法則:成功体験の持続は変革への抵抗となる

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>SCM18の法則

SCM18の法則

17. 慣性の法則:成功体験の持続は変革への抵抗となる

大型タンカーが大きく高速安定航行しているとき障害物などで、急ブレーキをかけたり急ハンドル操作しても思い通り操作できないのは物理学の慣性の法則による。

 経済環境が激変している現在、過去に成功した自社のコア・コンピタンス(中核となる企業の能力)が市場での競争に役に立たなくなっているかもしれない。家電の全国津々浦々に張り巡らした販売網へのサプライチェーンが広域のロードサイドでの量販店経由にシフトして従来のコア・コンピタンスが逆に重荷になっている場合もある。従来のパパママ・ストアのきめこまかいサービス・販売網ではなく拡大する量販店の流通力が顧客の利便性を上げつつある。量販店のサプライチェーンの太いパイプが出来つつあるとき従来通りの人口比に基づく営業力の配分では流通上にボトルネックを作ってしまう。

  自社のコア・コンピタンスの再定義とは自社の強みであったものでも時代とともに捨てる覚悟をすることである。 図3

photo