14. 遠近の法則:供給地点をできるだけ需要地点に引き寄せる

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>SCM18の法則

SCM18の法則

14. 遠近の法則:供給地点をできるだけ需要地点に引き寄せる

イタリアのアパレルメーカー、ベネトンは、「染色→機織」という連鎖業務の順番を、「機織→染色」に逆転させて成功した。何色が流行るかという需要の変動と、事前に準備する染色業務との時間差を短縮したために、需給の同期化が一挙に進んだのだ。

 遠くにある標的を打ち落とすために、射撃訓練をしたり発射速度の速い大砲を作って精度をあげることもよいが、標的の近くまで行って撃つ方ことを選択肢から排除してはならない。標的と射撃地点の距離を、暗黙のうちに制約としての検証されていない常識(ルール)と理解されている場合が多い。

photo