8. 関係性の法則:99%の従属変数と1%の独立変数が収益を決める

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>SCM18の法則

SCM18の法則

8. 関係性の法則:99%の従属変数と1%の独立変数が収益を決める

キャッシュベースの利益を生むための数ある要因の関係性を見つけなければならない。売上が増えないのは何故か。販売力が足らないか、価格が高いか、納期が遅いか、欠品が多いか。欠品が多いのは何故か。生産計画が正確でないからか、資材の納入遅延が多いからか、熟練が低いからか。モノが顧客の需要に引っ張られてサプライチェーンを流れるとき、そのスピードを決めるのが何かを見つけることは極めて重要である。

 エジソンは「発明は、99%のパースピレーション(努力)と1%のインスピレーション(ひらめき)である」と言ったが、サプライチェーンにおける収益は「99%の従属変数と1%の独立変数によって決まる」。

photo