Tビジネスからeビジネスへ

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>SCMで優位に立て!

SCMで優位に立て!

Tビジネスからeビジネスへ

従来の伝統的な商売のやり方(トラデショナル:Tビジネス)からインターネットとコンピュータを使った商売のやり方(エレクトロニクス:eビジネス)への過渡期である。この時代的背景の中でSCMとは何かについて触れてみる。

ビジネスとはTでもeでも人間が顧客で、人間の売り買いのともなった活動であることには変わりはない。モノ(製品)が売れるには、顧客が多くの選択肢の中から自社製品を選んでくれるようにしなければならない。すなわち商売の原点は顧客満足にあって製品開発も、生産も、物流販売などのすべてのサプライ業務がサプライチェーン(供給連鎖)の下流の顧客を起点にマネジメントされていなければならない。

工業化が進んだ20世紀のTビジネスはメーカーが開発する新技術製品が需要を作ってきた。月次単位に需要を予測し、やや多目の安全在庫を持って生産販売計画、資材調達を実行しておれば数年在庫が増えてもやがて在庫は消化されて確実に利益は出ていた。同質の消費者・顧客を「市場」と言う経営用語でマクロに全体を見ておれば良かった。企業経営力として技術力と大量生産販売に耐えるブランド力・マーケテング力を強化する戦略が重視されていたといえる。

このようなTビジネスの特徴と、現在進行しているeビジネスはどのように違っているだろうか。情報化時代に技術は即座に模倣され、月次に計画実行しているとグローバル市場では需要や競合の変化に対応できず機会損失・過剰在庫が頻繁におこる。市場も地域により、季節により、住居環境により個人毎に変化する。製品も用途・パッケージサイズ・デザインなどセグメントが細分化されてきている。時間も市場も製品もメッシュが細かく細分化されていくのがeビジネスの特徴である。

photo