サプライチェーン成功の法則

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーン成功の法則

サプライチェーン成功の法則

サプライチェーン成功の法則

工業時代の主役は言うまでもなく技術であった。最高の技術が企業の成長を約束し、研究開発投資が企業の評価基準であった時代が長く続いたが、今は技術だけで成功を約束できないことが明らかになり、製造業にも流通業にも共通する、経営のスピードが勝敗を決める時代である。コンセプトに重心を置く戦略経営から、原始的な響きをもった連鎖業務で全体最適を図るサプライチェーン経営へ重要性がシフトしたと言える。

 さてサプライチェーンは多くの経済誌において一般化している経営用語だがIT(情報技術)の応用とともに広まったために技術的な紹介図書が氾濫しその経営の本質が見えなくなった感がある。IT以前に存在するサプライチェーンの概念とは何か、何を持ってサプライチェーンマネジメントが成功していると言えるか、そしてどのように考えればサプライチェーンを成功に導くことができるのか、筆者はサプライチェーン成功事例のなかで共通の成功要因を「サプライチェーン18の法則」として日本経済新聞社から今年1月上梓した。本稿では、その中でもエッセンスとなる在庫と時間についての原則を述べる。

図
photo