スピードがビジネスの収益力を決める

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーン成功の法則

サプライチェーン成功の法則

スピードがビジネスの収益力を決める

サプライチェーンの重要な指標は時間である。変動する需要(標的)に対する供給計画を作る時間(狙いを定める時間)と供給する時間(玉の飛ぶ時間)が短縮されるほど需給は同期化の程度は上がる(命中率は高まる)。計画する時間が長ければ計画のもとになった状況が変化しているのに、実行計画がそのまま踏襲されて過剰在庫や欠品を起してしまう。

サプライチェーンのスピードとは入り口から出口までにリードタイムである。セブンイレブン・ジャパンは第1号店スタートの1976年から13年後の1989年の間に30坪3000アイテムの店舗平均の店頭在庫を46%削減し平均日販を55%増加させている。

この間の店頭在庫日数は25日から9日に3分の1にリードタイムを短縮している。 GEの高収益高成長の秘訣は、例えばエンジン製造リードタイム半減、CT開発のサイクル2年から1年短縮など時間短縮のストレッチにある。ヤマト運輸の宅急便は翌日配達のスピードによって急成長した事業である。1980年代の日本車の米国での勝利は米国車に比べて開発リードタイム半分、製造リードタイム7分の1という圧倒的なスピード差に原因があったと言われている。スピードが固定費を軽減し、収益性を高め、企業全体の成長を促がしている。

図
photo