サプライチェーンとは

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーン成功の法則

サプライチェーン成功の法則

サプライチェーンとは

サプライチェーンとはどのように定義すべきか。製造業と流通業を区分することなく、製品を企画し、資材を調達して、製造し、輸送し、販売するビジネスは同じ会社内だけでなく、複数の会社間を横切る多くの作業の連鎖から成り立っている。連鎖する業務と業務の間で次の業務を待っている資材・部品・製品は在庫であり、サプライチェーンは顧客へ製品を届けるまでの長い供給業務の連鎖と業務間の在庫から成り立つ。

 さて、このように定義すると、連鎖する業務は生産、販売という企業レベルの機能から、仕入納品、加工、組立、蔵入れ蔵出し、輸送などの実行レベルの業務連鎖まで階層の入れ子状態の複雑なシステムである。仕入から販売までのサプライチェーンをモノが流れるスピードの速さはキャッシュの入金と出金の時間差であり、在庫というサプライチェーン上に滞留しているキャッシュをどのようにマネジメントするかに焦点が当てられることになる。従来のコストダウンや効率化の部分的効率化の業務改善ではなく供給連鎖全体がマネジメントの対象である。供給連鎖全体の時間のマネジメント、すなわち業務速度のマネジメントに焦点が当てられなければならない。

トータル物流コスト削減とか在庫削減とかの指標はまだ部分的な経営指標でしかなく、それだけでサプライチェーン経営と言えば誤解を招く表現となる。在庫削減が機会損失を招き売上が低迷し経営が行き詰まってしまったという話しや、EDIの共同受発注システムでトータルコストを削減しても企業間の競争力の相対的ポジショニング悪化して市場シェアを落としたと言った現象が起きても当然である。

photo