プッシュ型とプル型のプラクティス

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーン時代への対応

サプライチェーン時代への対応

サプライチェーンの中でのポジショニング

プッシュ型とプル型のプラクテイス

化学装置の多くは受注生産であり実需を起点に材料手配するため調達のリードタイムが納期(全体のリードタイム)を決定するプル方式のプラクティス(業務システム)である。

一方、プッシュ型のSCMプラクティスは需要をあらかじめ見込んで、いつ、どれだけ、誰に、売れるかの実需が発生する前に供給業務(資材調達・生産)を行い製品在庫を用意して実際の需要(受注によって顧客とプロジェクトナンバーの割り当て)が発生すると在庫を割り当て手配する。

寿司の商売に喩えると、折詰寿司弁当から、回転寿司、カウンターでのオーダーするにぎり寿司まで製造と実需の時間差によるプッシュ型からプル型までバラエティに富んだSCMのプラクティスが身近に存在している。サプライチェーンマネジメントといえばプル型のデルモデルのみと考えられがちだが、パソコンや自転車、コンピュータのような従来見込み生産して在庫から実需に引き当てたものが受注をベースに組み立てる方式にも、実は、資材調達のリードタイムの長いパーツやボトルネックになるサプライのオペレーションにはプッシュ型の見込み生産のパーツバッファーを組合せている。
化学プラント・住宅・飛行機などの受注生産型の製品でもプッシュ型で手配するパーツの在庫と供給業務とプル型の実需によって起動するオペレーションから成立って設計されている。構成部品の調達とサプライ業務の特性によって最適なサプライチェーンを構築する必要がある。
サプライチェーンの全体目標と資材やサプライ業務オペレーションの制約によってどんな方法が最適か、ケースバイケースと言わざるを得ない。制約と考えたのが実は制約とはならない場合もある。重要なことは従来の先入観念で制約と考えていることも一度クリアして可能性を多くの代替案で追求するスタンスである。

例えば調達先は何十年も付き合いがあって変更できないとか、調達リードタイムは部品メーカーが強くて絶対短縮出来ないとか、熟練の必要な工程だからオペレーションする熟練工は限られているからそれ以上加工能力は上げられないとか。最初から言い訳する前にしつこく可能性をトコトン追求するかどうかで結果に格差が生ずる。
サプライヤーを巻き込んで改善活動するときには両社にとって長いスパンで両得になる目標を設定することで従来制約と考えていたことがそうでなくなることもあるかもしれない。プッシュ型とプル型SCMの多くの技を磨くにはどこにどれだけ在庫バッファーを置いた方がいいのか安全にオペレーションできるのか。アクセルとブレーキが自在になれば車間距離が十分なくても安全に運転できるように、オペレーションの速度制御がうまくなれば在庫はほとんどなくてもモノ不足を避けることができる。
サプライチェーン上のオペレーションでは需要変動特性とオペレーションの速度制御の能力でサプライチェーン上のプラクティスを設計する必要がある。

刺身のメタファーで言えば鮮度向上のリードタイム短縮を実現するプラクティスは「毎朝魚市場に小口の仕入をする」「漁船での瞬間冷凍」「活き魚の仕入を水槽で在庫する」など代替案を多数つくる。水槽のスペースを制約とするかしないか。目的は仕入を安くすることか、鮮度で売り上げをあげることか、すなわちコストかスループットか、評価選択する指標もいろいろある。
サプライチェーン時代ではリードタイム短縮で、コスト重視からスピード重視のビジネスモデルの成功事例が多くなるであろう。市場に近い立地で分散した小規模プラントを多く作ることで「小口バッチでのリードタイムの短い」ビジネスが、広範囲の市場をカバーする大規模プラントでスケールメリットを追求する「コスト重視で鮮度を犠牲にする」従来型ビジネスに優位となる事例が増えて行くであろう。

化学装置の業界においてサプライチェーン視点で事業を強化する産業としてアセンブラーとしてのエンジニアリング業界を念頭において記述したが、サプライチェーン時代の発想は中途半端な統合ではなくアセンブラー(まとめ役)かコンポーネント・サプライヤー(固有技術提供者)かどちらかのコア・コンピタンスを持つことが重要である。自社のコア・コンピタンスをプロセス技術においたアセンブラーであるという中途半端さが企業進化の脱皮を困難にしているのではないかというのが本稿の問題提起である。
そしてまたサプライチェーンのプラクティスからみると一つの固有技術で受身の受注産業に甘んじることなく、産業構造変革のトレンドを読んで業種別の新しい生産・販売のビジネスモデルを提案するスタンスが求められる。米国のIT産業ではインダストリーソルーション開発部隊をもって新しい提案作りを事業開発の手段としている。ソフトウェアなどIT産業への進出は経営資源の有効活用を狙う多角化であるが本稿の提案はあくまで本業でのビジネスモデルにこだわってみた。

※ライターまで気軽にご連絡をどうぞ。

photo