キャッシュフロー経営とサプライチェーンマネジメント

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーン時代への対応

サプライチェーン時代への対応

サプライチェーンの中でのポジショニング

キャッシュフロー経営とサプライチェーンマネジメント

キャッシュフロー経営をタイトルとするビジネス書がベストセラーとなっている。キャッシュフローを上げる経営モデルを構築することはきわめて戦略的経営である。TOCなどコンストレイントベースのサプライチェーンマネジメントのコンストレイント(制約)とは生産設備や労働などの経営資源の能力である。現実の能力をベースにしたマネジメントが全体最適のキャッシュフローを上げるメカニズムに立脚している。
ところが、ビジネスにおけるもっとも重要で一般的な制約となる経営資源はキャッシュである。リードタイム削減による在庫削減は運転資金を削減し必要とするキャッシュ(資源能力)の制約に余裕をもたらす。このことがサプライチェーンマネジメントのモデル企業が急成長を遂げているもっとも大きな原因である。キャッシュフロー経営でもサプライチェーンマネジメントでもこの点が明確に述べられていないが、最近著者があらためて発見・認識した事実である。

上場企業の業績は期間会計利益のみでなくキャッシュフローを見ないと実際の業績が見えないことから、キャッシュフローを開示することでそれが株価にも反映されるようになっている。キャッシュフロー経営とは従来の原価計算に基づく経費を在庫という資産変換して利益を出す制度会計による収益性のマネジメントのみではなくキャッシュベースでの儲けを示す利益向上の収益マネジメントである。資材調達の支払いによるキャッシュ流出から製品販売による入金でのキャッシュ流入までのリードタイムの短縮は棚卸在庫という運転資金の削減につながる。

バランスシート上に計上されている資材・仕掛け在庫・製品在庫は販売という供給オペレーションによって売掛け金となり、回収業務で現預金になり、ふたたび資材購入のオペレーションによって、在庫になって資金は循環する。

図

年商1,000億円の経営で棚卸在庫回転が4回転から5回転にスピードアップすると資金循環の連鎖のなかで在庫残高が250億円(1,000億円/4回)から200億円(1,000億円/5回)になり在庫残高減少による運転資金差50億円のキャッシュが一時に増加する。4回転(3ヵ月)と5回転(2.4ヵ月)のリードタイムの0.6ヵ月短縮、すなわち20%の経営のスピードアップがもたらす効果である。この運転資金回転のためのシステム投資が5億円だとしても残りのキャッシュフロー45億円増えることになる。在庫資産の一部がシステム資産になるだけで45億円のキャッシュを生んだ事に相当する。また従来の収益性の指標で見る経常利益へのインパクトでも、50億円の在庫削減は運転資金の金利と倉庫等の在庫維持コストで5億円(在庫維持コスト10%として)の経費削減が効果として期待できる。

キャッシュフロー計算の上では営業資金収支と投資資金収支に区分してもトータルの最終的結果でのキャッシュフロー(フリーキャッシュフロー)を上げることが重要である。運転資金は借入か自己資金に頼らざるを得ないわけで金詰りの現状ではこれがビジネス拡大の制約になる。サプライチェーンでの生産能力や販売能力の制約と同じく資金的制約もまたスループットを決めているのだ。
かって日本の金融は銀行からの潤沢な間接金融と手形決済など棚卸在庫以外の運転資金が多かったせいで在庫という運転資金の制約をあまり意識する必要がない時代が長く続いた。バブルがはじけた今、運転資金の調達はビジネス拡大の大きな制約となる。その意味で、事業規模の拡大(スループット増大)にインパクトのある運転資金の節約がビジネスの上でははるかに経営上の意味合いが大きい。デルコンピュータ、シスコシステムズ、ソレクトロンなどのビジネスモデルが短期間で企業を大きく成長させている理由が実はその点にある。

売り上げを維持しつつ在庫回転が速くなるということは付加価値が付かないで滞留して在庫となっている時間の無駄をなくすことである。この無駄な在庫を少なくしようとすると機会損失が発生するのは生産・物流・販売の供給業務の速度がばらついて同期化(シンクロナイゼーション)を取ることが難しいからである。機会損失を最小にして在庫を最小にすることがキャッシュフローを上げるキャッシュフロー経営でありそのメカニズムを知って最適なアクションをとることがサプライチェーンマネジメントと言える。
アクションとは情報を得て(計測)、決定して行動(制御)することであり、キャッシュフロー経営とサプライチェーン経営は同義語なのだが多くのビジネス書やビジネス雑誌ではキャッシュフローの重要性と計算手順(計測)面に焦点が当てられており、キャッシュフロー経営の本質である「それでどうしたらキャッシュフローがよくなるのか?」の課題に答えているようには見えない。
実はキャッシュフロー経営における「制御」の方法はサプライチェーンマネジメントのメカニズムにあるのだ。

図

受注生産の多い化学装置メーカーにとってのキャッシュフロー経営の課題は調達・制作・搬入・据え付け・試運転・完工引渡しまでのリードタイム短縮である。供給連鎖(サプライチェーン)を通過するトータルのリードタイムを短縮することは受注完工する金額に対する運転資金の回転を早くすることであり、資金の制約を緩和することでエンジニアリング会社にとってもっとも競争力をつける中核的能力(コア・コンピタンス)である。

photo