化学装置のサプライチェーンとは

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーン時代への対応

サプライチェーン時代への対応

サプライチェーンの中でのポジショニング

化学装置のサプライチェーンとは

ビジネスは一企業内か、企業間を超えるモノの流れとその反対方向の金の流れと、その流れを制御するデマンドとサプライを駆動させる情報系でモデル化できる。資材調達から生産(化学プロセスや加工組み立て)、物流・販売を経て最終顧客への納入までの供給オペレーションの連鎖からなる。化学装置の場合は反応容器、熱交換機、配管、などの素材メーカーから、装置(部品)組み立てメーカーを経てプラントサイトでの据え付け工事、試運転、各種試験検査を経て本稼動して引き渡すまでが1つのサプライチェーンの完了である。
供給業務の連鎖の中には、仕入れる、移動する、曲げる、輸送する、組み立てる、据え付ける…これら供給のためのオペレーションには設備・労働力・トラック・工場・工具・船、フライト・重機などのリソース(経営資源)を必要とする。これらのオペレーションの処理速度がその能力の稼働率で決まる。そしてそれらのオペレーションの間に滞留して次のオペレーションを待っているのが在庫(化学プラントの場合は未成工事支出金)である。

企業間をつなぐECRのようなサプライチェーンのビジネスモデルを設計する場合を含めて、各企業の生き残りや体質強化の経営課題はキャッシュフローを上げることである。そのためにはキャッシュフローを生ずるまでのオペレーションのすべてにモノの流れるスピードを上げることが必要になる。そしてそのスピードを上げるためにはオペレーションの間で付加価値を生まないで時間を浪費している滞留在庫(リードタイム)を最小にしなければならない。

化学プラントの場合はプラントを稼動させて引き渡しを完了するまでは部品である購入機器、工事資材は未成工事支出金という滞留仕掛り在庫である。納期が長いほどこの滞留在庫、すなわち運転資金が大きくなる。スピードとは必要な運転資金を少なくすることである。そしてこの運転資金は今、経営資源のもっとも重要な制約となりプロジェクトの数×@契約単価/期間(スループット)を決定していると言える。

伝統的に企業の業績を評価する指標は生産性、効率、コストであるがその指標の多くはサプライチェーンを構成する個別のオペレーション効率や生産性であった。生産性向上やコストダウンとは各オペレーションの効率をすべて最大化することが全体を最適化することであるとの前提があった。ところがサプライチェーンマネジメントは部分最適の総和は全体最適にならない複雑系のパラダイムに乗っていると理解すべきなのだ。
資材調達にともなう支払いからプラントを顧客に完了引き渡して入金するまでのリードタイム短縮がキャッシュフローを上げる。個別のオペレーションであるエンジニアリング・調達管理・物流管理・建設工事・検査/引き渡し完了などの個々の能力を上げスピードをアップさせたり個別のコストダウンだけでなく、連携するのオペレーションの「つなぎの技術」がキャッシュフローのスピードをあげる。
陸上競技や水泳のリレーのように連携の巧拙が勝敗を決定するのがサプライチェーンマネジメントといえる。あるいは、オーケストラやカラオケのように楽器や歌声がシンクロナイズすることで美しいリズムやハーモニーが得られるように個々人の演奏の技術を「つないで」全体の調和を作り出すのがSCM発想によるプロジェクトマネジメントである。

photo