産業構造の変革

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーン時代への対応

サプライチェーン時代への対応

サプライチェーンの中でのポジショニング

産業構造の変革

脱工業化社会とか情報化社会など言い古された言葉がインターネットなどの情報技術の普及で具体的な産業構造の変革として読めるようになってきた。この時代の読みを間違えるとどの業界でも生残りが難しい。化学装置の業界では装置のユーザーである化学品を製品として製造する化学産業、装置メーカー、そしてエンジニアリング業界のサプライチェーン上での役割分担の変化と産業としての盛衰を分析することで何処をコア・コンピタンス(企業存在の理由となる中核的能力)として認識するか、それによって次世紀の競争の方法も見えてくるのではないか。

グローバルな大競争・規制緩和・情報ネットワーク技術がどんな経営戦略の差別化を可能にし新しい産業やビジネスを生むかを考えなければならない。最近のサプライチェーンマネジメントの事例に登場するデル・コンピュータ、フェデックス、菱食、ウオルマートなどを見てもそれぞれ従来の製造業、物流業、流通小売業のカテゴリーで単純に区分できなくなった。デルはPCのメーカーだがPCの部品や技術はインテルやマイクロソフト、日本の液晶メーカーなどベストインクラスのコンポーネントをインターネットによる「通信販売」で組み立てて配達している「通販業者」とも言える。
菱食は加工食品の卸問屋だが、コンビニエンス・ストアの日別・棚別・カテゴリー別に陳列するキット商品をメーカーからの納入したケース毎の製品を「部品」とみて小口多頻度に受注に応じて組み立てて配送するメーカーとも言える。そして両業種ともに新しい画期的新産業に属しているわけでもないのに、業界の中で苦戦して撤退する企業もある中で抜群の業績を上げている。コア・コンピタンスが商品力(技術)と価格中心であったかつての右肩上がりの成長経済時代は過去のものになった。アウトソーシングを前提にしてコア・コンピタンスに基づいた発想が新しいビジネスモデルを作っている。

さて時代の変革期ではアウトソーシングが新しい産業を興すという点ではエンジニアリング会社はプロセスやその化学装置を設計し、グローバルに機器資材の調達と建設を司るロジスティクスを化学品製造業者からアウトソーシングを受けて成長してきた歴史をもつ。エンジニアリング会社の顧客にとって儲かる仕組みとは、プラントの稼動率を上げて製品の売り上げをあげコストダウンするメカニズムにある。
プラント建設など定常的に発生しないでコストダウンのための習熟効果の得られない機能を自社ですべて完結しないで、スピーディに安く仕上げるプロジェクトマネジメントをアウトソーシングすることで収益を上げる。エンジニアリング会社にとっては、これらのすべての煩雑な仕事を多くのプラントをこなすことで習熟効果を得て短時間に安くこなすのが(仕事を受ける)コア・コンピタンスであったとも言える。
日本の主要エンジニアリング会社も得意分野毎にプロセスのライセンスを独自に開発するよりも開発先(ライセンサー)との連携で装置ベンダー、工事業者など日本を中心とする産業インフラがパートナーとなってベスト・イン・クラスの組み合せで効率の良いプロジェクトを遂行してきたことが成功の鍵であった。

ベスト・イン・クラスの組み合せ、すなわちインテグレーションはデル・モデルのSCMである。エンジニアリング会社の成功の本質はSCMモデルであると認識するのと、エンジニアリング能力にあると認識するのとではスピーディに戦略的ビジネスモデルを時代に合わせる実行力に大きな差がでる。エンジニアリング会社はベスト・イン・クラスのインフラのもとで世界の化学製品の需要拡大に伴う供給能力拡大に従って成長した。急成長時代は技術志向の知識集約産業ともてはやされたが、コア・コンピタンスをプロセス技術にあると錯覚していたことが今日の環境変化に追随できていない要因ではないか。

成長経営の原点となるコア・コンピタンスは今も昔も顧客の立場にたって業務を開発することである。プラント稼動までのリードタイムが競争力の源泉であると認識すれば独自のプロセスにこだわる必要はなく大胆にどこからでもプロセスをアウトソーシングすればよい。別のスキル(スピード)をコア・コンピタンスと認識すればプロセス(ライセンス)の提供者を、プロセス設計を含めてバーチャル・コーポレーション(後述)のパートナーとして構成し、ダイナミックなプロジェクトを瞬時に組織化する。

ビジネス・プロセスのどの部分のサービスを提供すれば顧客の採算性が上がるのか、その問題意識を発想の原点に置く必要がある。エンジニアリング会社にとっての化学品製造業である顧客のビジネスモデルを開発することを、ビジネスの部分的プロセスである生産システム(プラント)の開発からさらに上位のビジネスモデルを工場建設・情報システム、さらにそれら経営資源の延長である人的リソースなどをアウトソーシングするコンサルテング・人材派遣ビジネスも総合的ビジネスへの展開も可能になる。

ハードウエア(装置)調達の利ざやを収益源にするのではなく顧客満足の視点からのコンサルティングで顧客アプローチすれば顧客サービスの広範囲なビジネス展開が可能になるはずだ。そのアプローチの一つがサプライチェーンの視点からのビジネスモデル再構築である。

photo