デンソーやデルファイがマイクロソフトやインテルになるか

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーンそれぞれの選択

サプライチェーンそれぞれの選択

第3章部品メーカーの場合

デンソーやデルファイがマイクロソフトやインテルになるか

デンソーやアイシン精機というトヨタ系列の部品メーカー、またGMの部品製造部門が切り離されて独立したデルファイ、そしてドイツのボッシュなどのモジュールサプライヤーはマイクロソフトやインテルのように業界の盟主になれるだろうか。

将来自動車メーカー同士の競争が部品メーカー同士の戦いになるのではないかとの業界再編を予感させる発言がトヨタのトップから出ている。こうなると、マイクロソフトやインテルなどのデファクトスタンダード(事実上の標準)をベストインクラスの組み合せとインターネット販売と生産組立・物流をサプライチェーンとしてマネジメントするデル・コンピュータのモデルが自動車業界でも可能になる。

完成車メーカーはバーバリーやダンヒルのブランドデザイナーによって個性あふれる車を個人の顧客にあわせて注文生産をする。注文データ(仕様)は完成車メーカーの販売部門から組立工場・モジュールサプライヤ・パーツサプライヤまで瞬時に伝達され、労働力や設備の手配と計画が瞬時に行なわれ納期が計算される。“デンソー入ってる(DENSO INSIDE)”のラベルがトヨタの自動車だけでなくGMやフォード,日産から出荷される車にプリントされる。完成車の品質を保証するのはもしかしてモジュール部品メーカーかもしれない。そうなると自動車会社のコア・コンピタンスはインテグレーションによるスピード勝負のサプライチェーンマネジメントの能力になってくるだろう。(図2)

図2

このようなサプライチェーンでの業務連鎖の統廃合を促すモジュール化は、部品メーカーが強大になる機会を生み出す。一方で従来の伝統的手法の延長から脱皮できずにコア・コンピタンスを見なおす戦略が狂ってくれば、自然淘汰されるかまたはモジュールサプライヤからずっと下の下請けとして生き残るかどちらかとなる。

photo