サプライチェーン上での製造工程のアンカー(最終走者)の経営課題

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>サプライチェーンそれぞれの選択

サプライチェーンそれぞれの選択

第2章大手企業・完成品セットメーカーの場合

サプライチェーン上での
製造工程のアンカー(最終走者)の経営課題

図1

図1に示すように、完成品セットメーカーは製造工程のアンカーである。

製造業におけるサプライチェーン上の最終業務連鎖は最終組立メーカーであり、通常大企業が市場を支配する。パソコンメーカーであればデル、コンパック、IBM、NEC、東芝、ソニー、日立、シャープなどがこれにあたり、大手企業は自社開発設計していても部品製造など多くの部品メーカーをサプライヤーとして組み込んでサプライチェーンの最終工程を担当する。製品によっては最終工程の完成品までOEMで委託するケースも増えているであろう。

自動車でいえばGM、フォード、トヨタ、日産、本田など完成車メーカーが多くの自動車部品メーカー、鉄鋼会社などを組み込んで最終工程の連鎖を構成する。

しかしサプライチェーンは最終ユーザーへの販売までを含めるので、必ずしもこれらのセットメーカーがサプライチェーンの最終工程とは限らない。直販でない場合、販売代理店までのロジスティクスをすべて含んで在庫・リードタイムをマネジメントすることが重要である。

上流の素材・部品メーカーとの根本的な違いは、製品コンセプト開発・設計において最終ユーザーとつながっていることである。システムインテグレーターとして(顧客に対して)競合会社とどのように差別化するかの製品戦略を立てる場合に、サプライチェーンの視点を重視することが従来のマス・マーケティング、マス・プロダクションによるプッシュ方式の右肩上がりのビジネスモデルとの大きな差であろう。

経営スピード、つまり顧客に合わせて細分化した仕様を実現することや、設計変更の頻度の多い短期プロダクトライフサイクルに合わせる市場応答性などが競合との大きな差別化となる。そのためには、サプライチェーンのアンカーとして、競合相手に比して自社のコア・コンピタンスを認識すること、コア・コンピタンスのいっそうの能力強化とコア・コンピタンスではない機能をサプライヤーを含むバーチャルインテグレーションの構築でサプライチェーン上で在庫・リードタイム短縮の流れの速度をあげることなど、以下に述べるサプライチェーン視点での経営戦略立案が企業の勝ち残りに不可欠となってきた。

自社の社内サプライチェーンに取り込んでコントロール範囲を広く、かつ深くするといった選択のほか、社外の経営資源を活用するアウトソーシング化の選択もある。

アウトソーシングの場合、バーチャルエンタープライズでの業務連鎖数の削減とストックポイント削減により滞留在庫を削減し、リードタイムを短縮するという視点にもとづいて検討する必要がある。

photo