サプライチェーンは生残りのプラクテス

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>SCMの可能性を求めて

SCMの可能性を求めて

第1章生き残りの手段としてのサプライチェーンマネジメント

サプライチェーンは生残りのプラクテス

拙著「サプライチェーンマネジメント」(工業調査会)を1998年4月発刊して以来日本国内のジャストインタイムやロジスティクスの分野で実績のある専門家や、日本語の読める海外の専門家とも親交をとることができ、サプライチェーンマネジメントのもっている可能性の広がりに新たに認識を深めることとなった。

ロジスティクスはそもそも兵站という戦争用語で兵器・食料を前線に補給するサプライチェーンマネジメントである。その目的は競合相手に対して優位になるように戦争資源、経営資源をスピーデイに補給(サプライ)することである。

販売の前線に需要と同期化している販売力があって製品が供給されていなければビジネス戦争に勝てない。戦場において動く敵に対して戦力的に優位な状況を素早く作るためには兵力だけでなく武器弾薬、食料などの戦争資源の調達が戦場のオペレーション(作戦)とシンクロナイズして素早く動員できなければならない。兵士がいても武器がなければ、武器があっても食料なければ戦力にならないのは、販売力があっても製品がなければ、製品があっても競合に比べて優位となる鮮度がなければキャッシュフローにならないのと同じである。

戦争で勝ち残るには、大本営にいて現場を見ない参謀が作る机上での作戦ではなく、現実の敵情にもとずく戦争資源の同期化が必要である。ビジネスでは供給者側の勝手な都合ではなく、サプライチェーンの最終顧客を起点にしたデマンドに同期化するサプライチェーンのオペレーションが企業の生き残りにつながる。

図1

〈図1.生き残り手段としてのサプライチェーンマネジメント〉に示したように私の考えでは日本を含む欧米での経営戦略論、古典的な戦略論の考えが背景にあって現在の重苦しい経営環境の中で経営課題への打開策として注目されていると考えるのが適当であろう。風の如く速く、林の如く静かに、火の如く侵略し、山の如く動かない「孫子の兵法」からきた「風林火山」は兵力資源の敵の動きに対するロジスティクスのシンクロナイゼーションをシンボリックに表現している、と読める。

photo