TOC(制約理論)とサプライチェーンマネジメント

株式会社21世紀ものづくり日本>>SCM投稿記事>>SCMの可能性を求めて

SCMの可能性を求めて

第1章生き残りの手段としてのサプライチェーンマネジメント

TOC(制約理論)とサプライチェーンマネジメント

米国のサプライチェーンマネジメントのソフトベンダーの殆どはそのソフト開発の理論基盤としてエリヤフ・ゴールドラット氏が唱えたといわれるTOC(制約理論)を上げている。ところがゴールドラットの著作を読んでもサプライチェーンという用語は私の知っている限り出てこない。

私も著作「サプライチェーンマネジメント」で引用した小説「ザ・ゴール」は工場内での改善の話であって生産・流通・販売全体のサプライチェーンの話ではない。私も当初の印象はそうであったが、工場内での改革とサプライチェーンマネジメントを一体化できたのは複雑系の視点に立ってからであった。拙著で述べたように複雑系メタファーのシンプルなモデルにすると工場内での生産加工のオペレーションをつなぐ工場内物流も、工場から最終顧客までの流通上のオペレーションである輸送、梱包、コンテナ化、小口梱包化、販売の各オペレーションをつなぐロジスティクスもオペレーション間を連携するシンクロナイゼーションで在庫を最小にし、流れのスピードを上げる考えは全く同じである。

前述したように「ジャストインタイムはロジスティクスである」と述べたよう、サプライチェーンマネジメントは工場の中も外も、又企業の中も外も通してマネジメントする必要性から生まれた概念であるといえる。

少し傲慢に聞こえるかもしれないが、小生が著作のなかで「ザ・ゴール」を引用しながらも複雑系を導入してサプライチェーンマネジメントの本質を自分の言葉で語ったつもりである。多くの読者からの反応はその意図を組んで頂いたと思っているが、「TOCの解説書」との御意見も幾つか見られた。それはそれで一つの指摘であるがTOCを海外からやって来て、日本人が始めてみる蒸気船である黒船と見るには異論がある。

TOCが日本の製造企業評価の全盛期に生まれ、カイゼンの英訳であるOn-going improvementがサブタイトルに使われていること、更に言えばTOCが1980年代の米国での流行の経営用語であったTQCをもじったマーケテイング用語として穿った見方も出来る。いずれにせよ、TOCは日本人が現場で実行していても理論化できないダイナミックスをサプライチェーンマネジメントの理解に貢献できるのではないかと思う。

私はその点をフォーカスして「サプライチェーンマネジメント」を書いたが、次作では、コア・コンピテンス、バーチャルコーポレーション、孫子の兵法など経営戦略のトピックスに触れながらサプライチェーン考をさらに発展させていく予定であり、本連載もそれを反映させていく予定である。

photo